吉川史料館

吉川史料館は、山口県岩国市横山にある吉川家の歴史史料館です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

新着情報

  • 史料館たより第68号(平成30年9月22日発行) 発行しました。
  • ギャラリートーク 11月4日(日)13:30から開催します。
    ※通常の入館料金のみで、ギャラリートークは、無料で参加できます。
    ※予約は必要ありませんので、ご興味のある方は、是非いらしてください。
  • 今年の国宝の太刀「狐ヶ崎」の展示は10月1日から11月30日までです。
  • 当法人が税額控除対象法人に認定されました。 ご寄付いただいた方は確定申告の際に下記リンクのPDFを印刷して税務署にお持ちくださいませ。税額控除に係る証明書.pdf へのリンク

現在の展示(9/22~12/24)

 

展示品概要

今年は、明治維新150年記念として吉川経幹展を2期にわけて開催しています。前期は誕生から第一次長州征討まで行いました。このたびは後期として第二次長州征討から明治維新までの関連史料を紹介します。
吉川経幹は、若くして岩国藩主となり、幕末維新期の混乱する政局を生きました。第一次長州征討の時は戦争回避に尽力しました。その後、再度長州征討令が下った時は、武備恭順の方針に従い県境の防衛に努めました。そして明治元年(1868)6月には正式に城主格を認められました。しかし、慶応3年(1867)3月、経幹はすでに亡くなっておりました。

経幹の嫡男・経健は、明治2年(1869)に岩国藩知事となり、その2年後、廃藩置県により吉川家は東京へ移住しました。一方、岩国には用達所を置き土地や財産の管理を行いました。経健は、生涯において、郷土岩国の育英事業や災害への援助を行いました。

経健の弟・重吉は、明治4年(1871)、13才の時に岩倉具視遣欧使節団に加わりアメリカに留学し、その後ハーバード大学を卒業しました。帰国後、外交官を経て貴族院議員となり、別家を創設し、吉川家を支えました。

恒例展示 国宝狐ヶ崎の太刀

展示期間 10月1日~11月30日

 

INTRODUCTIOON TO THE EXHIBITION

This year the exhibition of Tsunemasa KIKKAWA is held to commemorate the 150 anniversary of the Meiji Restoration. The exhibition is consisting of two terms.The first term was the period from the birth of him to the First Choshu Expedition in 1864.This time, as the later term, related materials of the period from the Second Conquest of Choshu in 1866 to the Meiji Restoration in 1868 are exhibited.

Tunemasa KIKKAWA succeeded the family and became the feudal lord of the Iwakuni domain at his young age. He lived through political confusion occurred from the end of the Edo period through the Meiji Restoration.At the First Choshu Expedition, Tsunemasa made efforts to avoid the war. After that, when the order of the Second Choshu Conquest was issued, he complied with the Choshu domain’s policy of submission to the Tokugawa bakufu while keeping military preparation, and endeavored to defend the prefectural boundary. Then, in June 1868, Iwakuni had been officially granted as a Daimyo (a feudal lord) rank. However, Tunemasa already passed away in March 1867.

The successor, Tsunetake who was the heir of Tsunemasa, became the prefectural governor of the Iwakuni domain. Two years after, the KIKKAWA family has moved to Tokyo because of the Meiji government’s policy of abolition of feudal domains and establishment of prefectures. Meanwhile, he located a field office in Iwakuni and managed his real estate and other properties through it. During his whole life, he also supported educational work and disaster recovery in his hometown Iwakuni.

Chokichi KIKKAWA, Taketune’s younger brother, joined the Iwkura Mission to visit the United States and Europe when he was 13 years old. The mission was dispatched in 1871. After that he had stayed in the States for study and graduated from Harvard University. After returning to Japan, he entered the diplomatic service and then became a Lord of Parliament. He set up a branch family and supported the KIKKAWA family.

The permanent exhibition: A national treasure “Kitsunegasaki-no-tachi (sword)”
Terms of the exhibition: Oct. 1st – Nov. 30, 2018