吉川史料館

吉川史料館は、山口県岩国市横山にある吉川家の歴史史料館です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

以下の映像は、2019年9月 ドローンにより撮影したものです。

新着情報

  • 史料館たより第71号(令和元年6月20日発行) 発行しました。
  • ギャラリートーク 11月24日(日)13:30から開催します。
    ※通常の入館料金のみで、ギャラリートークは、無料で参加できます。
    ※予約は必要ありませんので、ご興味のある方は、是非いらしてください。
  • 吉川史料館図録 完売しました。
  • 当法人が税額控除対象法人に認定されました。 ご寄付いただいた方は確定申告の際に下記リンクのPDFを印刷して税務署にお持ちくださいませ。税額控除に係る証明書.pdf へのリンク

武家のたしなみ展ー文芸を中心に。(9/12~12/22)

展示品概要

戦国時代、武士は策略をめぐらし、勢力拡大のための命がけで戦っていました。そのなかでも、和歌を詠み、古典に親しむ者もおりました。吉川(きっかわ)氏の歴代当主にも、特筆すべき人物として、まず11代経基(つねもと)があげられます。経基は応仁の乱において、細川勝元のもとで転戦し活躍しました。その一方で『古今和歌集』や『詞花和歌集』を書写したり、自作の和歌を遺しています。

15代元春(もとはる)は、永禄6年(1563)より山陰の尼子攻めの陣中において『太平記』40冊を書写しています。その流暢な筆遣いで書写された太平記は、現在、国の重要文化財に指定されています。太平記は、南北朝時代の軍記物語で、元春の兄である毛利隆元やその重臣らも愛読しており、元春はその影響を受けたお考えられます。

元春以降、その子孫は教養を身につけ、連歌会を催したり茶の湯に親しんだりしてきました。今回は「武家のたしなみ展」とし、収蔵品より和歌、典籍など約40点を展示します。

Overviews and descriptions of the exhibition

Terms of the exhibition: September 12, 2019 – December 24
Overviews:
Overviews of the exhibition

During the Age of Civil Wars in Japan (from the end of 15th century to the end of 16th century), samurais devised stratagems and fought at the risk of their lives to expand their powers. Even though, among them, there were some samurais who composed waka (a 31‐syllable Japanese poem) or got familiar with the classics.

In the successive generations of the KIKKAWA clan, there were some memorable persons. One of them, Tsunemoto KIKKAWA, the 11th head of the clan, was the most remarkable person. Tsunemoto was active in the series of battles in Onin War (1467-1477) under Katumoto HOSOKAWA. On the other hand, he transcribed “Kokin Wakashu” (total 20 volumes of 1,111 waka collection compiled in the Heian period) and “Shika Wakashu” (total 10 volumes of 415 waka collection compiled in 1151), and also left his own waka.

Motoharu KIKKAWA who was the 15th family head transcribed 40 volumes of “Taiheiki” (Japanese historical epic, said to have been written by Kojima Houshi in the 1370s) from 1563 at the war front of attacking the AMAKO clan of San-in domain. This transcription of “Taiheiki” written with fluent brushwork has been designated as an important cultural property of Japan. Taiheiki is the military story in the Nanbokucho period (Northern and Southern Courts in Japan, 1336-1392), and it was favorite with Takamoto MOHRI who was the elder brother of Motoharu and his senior statesmen as well. Motoharu seemed to be influenced by them. After Motoharu, his descendants cultivated education, held renga-kai (a linked waka party), and got familiar with chano-yu (a tea party).

This time, under the title of “Accomplishments of Samurai Family”, forty articles including waka and books from the collected items are exhibited.