吉川史料館

吉川史料館は、山口県岩国市横山にある吉川家の歴史史料館です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

新着情報

  • 9月18日~9月21日は、展示入れ替えの為、休館いたします。
  • 史料館たより第67号(平成30年6月30日発行) 発行しました。
  • ギャラリートーク 9月23日(日)13:30から開催します。
    ※通常の入館料金のみで、ギャラリートークは、無料で参加できます。
    ※予約は必要ありませんので、ご興味のある方は、是非いらしてください。
  • 今年の国宝の太刀「狐ヶ崎」の展示は10月1日から11月30日までです。
  • 当法人が税額控除対象法人に認定されました。 ご寄付いただいた方は確定申告の際に下記リンクのPDFを印刷して税務署にお持ちくださいませ。税額控除に係る証明書.pdf へのリンク

現在の展示(6/30~9/17)

 

展示品概要

岩国を治めていた吉川氏ですが、城主格が正式に認められたのは明治元年(1867)6月です、これは、長洲藩主・毛利敬親が吉川経幹に国事周施への協力を要請し、諸侯昇格を約束して実現した為です。

経幹は文政12年(1829)9月に横山の仙鳥屋形で誕生しました。弘化元年(1844)に家督を認められ、人材育成のために藩校「養老館」の創設に着手し、4年度に開校となりました。その後、長洲藩の国事周旋に協力し、第一次長州征討の折は戦争回避のために尽力しました。2年後、第二次長洲征討(四境の役)において芸州口の防備に尽くしました。

INTRODUCTIOON TO THE EXHIBITION

It was the Kikkawa family that substantially governed Iwakuni for a long time. However, the family was officially recognized as the Joshu-kaku (feudal lord rank) in June 1867 at length. This was the result of efforts by Takachika MORI who was a feudal lord of the Choshu domain. Takachika asked cooperation of Tsunemasa KIKKAWA to use good offices to contribute to the national affairs. At the same time Takachika made promise promotion of feudal lords, and it was realized.

Tunemasa was born in 1829 in a samurai residence called Sencho-yakata located in Yokoyama area. He succeeded the family estate in 1844, then initiated to establish a clan school “Yoro-kan” for human resources development. Four years later, the school was opened. After that, he cooperated to the commitment to the national affairs by the Choshu feudal clan, and exerted himself to avoid war at the first Choshu expedition. Two years later, he made efforts to build up defenses at Geishu-kuchi during the second Choshu expedition (Shikyo-no-eki). “Geishu” is an old name of Hiroshima prefecture and “kuchi” means an entrance.