吉川史料館

吉川史料館は、山口県岩国市横山にある吉川家の歴史史料館です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

以下の映像は、2019年9月 ドローンにより撮影したものです。

新着情報

  • 史料館たより第73号(令和2年1月20発行) 発行しました。
  • 次回のギャラリートークは、1月26日(日)13:30~14:00の予定です。
    ※通常の入館料金のみで、ギャラリートークは、無料で参加できます。
    ※予約は必要ありませんので、ご興味のある方は、是非いらしてください。
  • 吉川史料館図録 改訂版完成 販売開始しました。
  • 当法人が税額控除対象法人に認定されました。 ご寄付いただいた方は確定申告の際に下記リンクのPDFを印刷して税務署にお持ちくださいませ。税額控除に係る証明書.pdf へのリンク

吉川元春展~尼子氏の忠臣・山中鹿介との攻防~(2020/1/2~3/22)

展示品概要

山中鹿介は、尼子再興のために月にむかって「我に七難八苦を与えたまえ」と願ったという逸話で有名です。永禄9年(1566)、主君・尼子義久が毛利元就に降服して以来、12年間、主家再興に奔走し、挙兵しては捕らえられ、逃亡を繰り返し、ついには織田信長の支援をうけて毛利氏の属城である播磨の上月城入城を果たしました。しかし、最後は毛利側の兵糧攻めにあい、尼子勝久は自刃し、尼子氏は滅亡しました。

天正6年(1578)、上月城落城後の鹿介は毛利輝元のもとへ護送されることになりました。そして護送中、合いの渡り(岡山県高梁市)にて輝元の家臣に殺害されました。吉川元春は、鹿介がこの時に被っていた兜を、尼子氏の忠臣の遺品として保管するように命じました。

今回の展示では、現存する山中鹿介所用の兜と元春の兜それぞれを展示し、吉川元春と鹿介との攻防に関係する史料とともに鹿介の実像を探ります。

 

Overviews and descriptions of the exhibition

Terms of the exhibition: January 2, 2020 – March 22
INTRODUCTION
TO THE EXHIBITION THIS TIME

The exhibition of ‘The battle between Motoharu KIKKAWA (1530 –1586) and Shikanosuke YAMANAKA (1545 –1578) who was the loyal retainer of the AMAKO clan’ is held in the Kikkawa Historical museum. A war helmet held by Shikanosuke YAMANAKA is kept in the museum. In 1578, Shikanosuke was killed at Ai-no-watari (todays Takahashi city in Okayama pref.) by one of retainers of Terumoto when he was sent under guard to Terumoto MOHRI. Motoharu KIKKAWA ordered to keep the war helmet that had been worn by Shikanosuke at that time as a memento of the loyal retainer of the AMAKO clan. There is a well known anecdote passed down through tales and the like recounting that when the AMAKO clan was on the decline, Shikanosuke prayed to the moon for the restoration of their former status, saying, “I would rather sustain all kinds of troubles myself than see the clan of my lord fall into ruin.” In 1566, Yoshihisa AMAKO who was the lord of Shikanosuke gave in to Motonari MOHRI; since then Shikanosuke made every effort to restore the head family’s line for 12 years. He raised his army without success. He was captured and escaped repeatedly; eventually under support by Nobunaga ODA, he successfully entered Kouzuki-jo castle in Harima that had been belonged to the MOHRI clan. But, at last, the garrison in the castle was attacked by starving tactics by the MOHRI side and Katsuhisa AMAKO was committed suicide by harakiri. Eventually, the AMAKO clan was perished, and Shikanosuke would be sent to the war front of Terumoto MOHRI.This time, the historical materials about the battle between Motoharu KIKKAWA and Shikanosuke are exhibited to seek the real image of Shikanosuke.