吉川広家展 展示品のご紹介 鉄錆十二間筋兜

現在開催中の「吉川広家展」から、展示品のご紹介をいたします。 こちらは「鉄錆十二間筋兜」室町時代のものです。山中鹿介の遺品として、広家の父吉川元春が保管するように命じたので、吉川家で大切にされてきました。 天正六年(15 Continue Reading →

吉川広家展 展示品のご紹介 振分髪

現在開催中の「吉川広家展」から、展示品のご紹介をいたします。 本展の見どころのひとつ、鎌倉時代末期伝 相模国広光作の刀 銘 振分髪 です。 「振分髪」という銘は、広家が細川幽斎にこの刀を見せたときに語ったエピソードから由 Continue Reading →

吉川広家展 展示品のご紹介 豊臣秀吉の遺品

現在開催中の「吉川広家展」から、展示品のご紹介をいたします。 こちらは、豊臣秀吉の遺品として、吉川広家が拝領した太刀です。この太刀には秀吉自筆の付箋が付属しており、右下に展示しています。 この太刀には広家が記したエピソー Continue Reading →

吉川広家展 展示品のご紹介 自筆書状と鯰形兜

現在開催中の「吉川広家展」から、展示品のご紹介をいたします。 これは、関ヶ原合戦の二日後に記した広家の自筆書状で、毛利輝元に宛てた書状の下書きです。何ヵ所も書き直ししており、臨場感あふれた書状です。 内容も関ヶ原合戦に加 Continue Reading →