国宝「狐ヶ崎の太刀」2019年展示 終了間近

国宝「狐ヶ崎の太刀」の今年の展示も残すところ後3日となりました。ご来館がまだの方はお急ぎください。 史料館の門をくぐったすぐ左手に、木菟(みみずく)の手水鉢があります。その後方の紅葉が見事に色付いています。 ちょっと穴場 Continue Reading →

岩国子供てんこく教室作品展が開催

明日10月25日から11月24日まで、吉川史料館の御駕籠部屋ギャラリーにて、岩国子供てんこく教室作品展が開催されます。とても素敵な力作が並んでいます。是非見に来てくださいね。 また、九曜紋が押された灯籠も展示されています Continue Reading →

10月1日から始まる行事のお知らせ

10月1日、吉川史料館で今日から始まる行事をお知らせします。 今日から11月30日まで、国宝「狐ヶ崎の太刀」を展示します。備中古青江の作中、最も古く完存の品です。拵えと共に残っているのは、極めて珍しいとされています(鎌倉 Continue Reading →

2019/10/1(火)より 国宝「狐ヶ崎の太刀」展示

10月1日(火)から、いよいよ国宝「狐ヶ崎の太刀」の展示が始まります。(11月30日(土)まで) 今回は、初公開の太刀図も展示しています。これは、明治時代に描かれたもので、狐ヶ崎の刃文まで忠実に描き写しています。あわせて Continue Reading →

9月22日(日)13時30分よりギャラリートーク開催

吉川家11第当主経基は、応仁の乱では東軍(細川勝元)に属し勇名を馳せ、「鬼吉川」とも、全身傷だらけのため「俎(まないた)吉川」とも呼ばれていました。その一方、和歌・連歌・禅籍を書写するなど文化の面でも優れた人でした。写真 Continue Reading →

9月1日(日)13時30分よりギャラリートーク開催

明日、9月1日(日)13時30分より、今回の展示「吉川経幹~祖宗の訓(おしえ)」の最後のギャラリートークをいたします(要入館料)。  展示品の中から「吉川経家自筆書状」をご紹介します。経家は天正九年、鳥取城主として入城し Continue Reading →