吉川広家展 展示品のご紹介 振分髪

現在開催中の「吉川広家展」から、展示品のご紹介をいたします。
本展の見どころのひとつ、鎌倉時代末期伝 相模国広光作の刀 銘 振分髪 です。

「振分髪」という銘は、広家が細川幽斎にこの刀を見せたときに語ったエピソードから由来が伝わっています。それによると、かつて織田信長がこの刀を所持していた際に、刀が長すぎて不便なので短くすることを幽斎に相談しました。幽斎は、伊勢物語の筒井筒の段を引用して賛成したそうです。

『くらべこし振分髪もかたすぎぬ君ならずして誰があぐべき(長さをくらべていた振分髪が成長して肩を過ぎてしまった。成人のあかしとして髪を結い上げたいのだが、あなた以外にだれがいましょうか、あなたしかいない)』

ぜひ実物を展示室でご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください