吉川広家展 展示品のご紹介 自筆書状と鯰形兜

現在開催中の「吉川広家展」から、展示品のご紹介をいたします。


これは、関ヶ原合戦の二日後に記した広家の自筆書状で、毛利輝元に宛てた書状の下書きです。何ヵ所も書き直ししており、臨場感あふれた書状です。
内容も関ヶ原合戦に加わった武将たちの行動を詳細に記してあり、当時のニュース記事を読むようで、大変興味深いものです。


また、書状の中にも記してありますが、家臣の三浦伝右衛門に徳川家康の陣へ密書を届けさせる時被らせた「鯰形兜」(なまずなりかぶと)も展示しています。

ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください