ギャラリートーク(第3回目)11月4日

本日、ギャラリートークを行いました。大河ドラマ「西郷どん」では、岩倉具視遣欧使節の話のようで

使節団の一人に吉川経幹の息子・重吉がおり、その随行の一人に田中貞吉という人物について触れてみました。田中貞吉は、のちにペルー移民の父と呼ばれた人物です。

数年前にペルーの大使の方が来館されてその事実を知りました。とても有名な人物だそうです。

 

 

そして、只今国宝の太刀の展示をしております。ギャラリートークでは、先日、京都国立博物館での「京のかたな」展に行ったことを交えて話をしました。

「京のかたな」展は開館前の大行列でして、このような大行列を経験するのは初めてでした。、展示室入るまで30分以上かかり、退場するまで約4時間。実に見ごたえがありました。入館者の大半は若い女性でしたので(しかも刀剣を鑑賞する目は実に真剣)、根強い刀剣ブームを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください