【展示品のご紹介】

今回ご紹介するのは、重要美術品の「手鑑翰墨帖(てかがみかんぼくじょう)」です。
「手鑑翰墨帖」は様々な古人の筆跡を集めたものです。婚礼の調度品にも用いられていたようで、聖武天皇と光明皇后の筆跡を巻頭に飾ることがきまりとなっていたようです。
今回は「吾妻鏡展」ということで、源頼朝の筆跡を展示しています。一番右に貼られているものです。
文書のどこかを切り取られたものなのか、書かれている文書の意味はわかりませんが、頼朝の筆跡だと思うと厳かな気持ちになります。ご来館の際にはじっくりご鑑賞下さい。

※お知らせ※
明日9月14日(水)19時からテレビ山口様で「おもしろ文明維新」という番組が放送されます。
岩倉使節団がテーマとして取り上げられ、12代岩国藩主吉川経幹公の三男、重吉公のお写真が少しですが放映されるようです。重吉公は幼少期、使節団に同行しアメリカへ留学され、その後ハーバード大学を卒業しました。

ぜひこちらもご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください