「吉川本吾妻鏡」展示品の紹介

今回は展示品「吉川本吾妻鏡」の紹介をいたします。
吉川本吾妻鏡は大内氏家臣の陶弘詮(ひろあき)が二十年余りの歳月をかけて筆写しました。
数ある吾妻鏡の筆写本の中でもその記述の多さから最良本とされています。
今回は、吉川氏の登場する場面を中心に解説をそえて展示しております。
鎌倉時代に吉川家の活躍があったことが伺える貴重な史料です。
ぜひご来館ください。
 
吉川史料館では7月23日(土)吉川家の御庭焼と篆刻体験を開催予定です!
先生方指導による篆刻や多田焼体験、学芸員の解説のあとはお庭を眺めながらお抹茶のサービスがございます。
下記のホームページよりお申し込みいただけます!
(お申込ページ)
また、8月6日(土)には小学生様向けの御庭焼体験も企画しております。
こちらは多田焼体験と学芸員の展示解説となっております。
親子そろってご参加いただけますので、夏休みのご家族の思い出にいかがでしょうか。
こちらは吉川史料館へお電話かもしくはメールにて承っております!
TEL 0827-41-1010
mail kikkawa7@sky.icn-tv.ne.jp
どちらもご参加お待ちしております。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください