お知らせ(予告)御庭焼(おにわやき)と篆刻(てんこく)体験

お知らせ(予告)
吉川史料館では、2021年春からワークショップとして「御庭焼(おにわやき)と篆刻(てんこく)体験」を企画しています。

旧岩国藩主吉川家の隠居所であった昌明館跡地である「木菟亭」にて行う一連の作業は、御庭焼となり、皆様の特別な思い出となることと思います。

作陶するお抹茶茶碗に押すための篆刻を大石紗蓼先生ご指導のもと作製します。

史料館内の展示を学芸員の説明を受け見学した後、庭を見ながらお抹茶と美味しいお菓子を頂きます。

多田焼の田村雲溪先生のご指導のもと抹茶茶碗を作陶します(完成品は後日ご自宅に郵送)

完全予約制で、上限10名様まで、
毎月第4土曜日9時~12時、料金はお一人9,000円を予定しています。

詳細等、後日またお知らせいたします。
田村先生、大石先生、史料館スタッフもワクワク楽しみにしています。
皆様に喜んで頂けるよう頑張って準備いたしますので、どうぞお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください