毛利元就自筆書状(重要文化財) ~展示品紹介~

毛利元就自筆書状(重要文化財)です。
石見の国衆である福屋、小笠原両氏の関係を改善するよう元就が元春に命じたもので、元春が小早川隆景と共に「毛利両川」としての役割を担っていた証となります。

現在開催中の「戦国を生きる~毛利家を支えた吉川元春・元長・広家展」は今月の27日(日)までです。

明日13日(日)13時30分から今回の展示の最後のギャラリートークを行います。
コロナ対策に気を付けながら行いたいと思いますので、是非お越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください