勝軍地蔵尊像 ~展示品紹介~

展示中の「勝軍地蔵尊像」をご紹介します。
兜を被り左手に蓮葉形杖を持つこの像は、かつては毛利元就が所用していたもので、孫である吉川広家が遺品として受け取り、12才から60才を過ぎるまで、戦場や旅行の際は必ず持参し、大切にしてきたものです。高さは6.5cmと小さな物ですが、実に精巧に出来ており、地蔵像の表情はとても可愛らしいです。

〇勝軍地蔵尊像〇

〇地蔵尊像をズームした写真〇

花菖蒲が見頃を迎えています。菖蒲園からふと目を上げると、吉川史料館があります。どうぞご休憩でも結構です。お寄りくださいね。

史料館前の花菖蒲園 毎朝、係の方々が終わった花を一つ一つ手作業で採ってくださっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください