週刊「日本刀」22号掲載「振分髪」

いよいよ師走を迎え、今年も残すところ3週間となりました。
皆様、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。


さて、吉川史料館では、国宝「狐ヶ崎の太刀」の展示が終わり、代わって信長ゆかりの広光の名刀「振分髪」を展示しております。


解説文も添えましたのでご覧ください。


週刊「日本刀」22号として発刊され、窓口で販売もしています(税込700円)。


前回の狐ヶ崎と同様、詳しい説明と等身大の写真が付いています。
展示は今月22日(日)まで。是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください